アイピルの安全性とお守りとしてもっておくべき

もしも性行為をするパートナーがおり、まだ結婚する予定が無い、子供も欲しくないのでしたら安全性のお守りとしてアイピルを持っておくことをおすすめします。

 

アイピルは事後避妊薬として有名ですので、コンドームが破裂したなどの事情で避妊に失敗した方が使います。

 

しかし気を付けなければいけないのは性行為をしてから72時間以内に薬を飲まなければいけないという点です。それ以上になりますと避妊出来る確率が格段に減ってしまい、アイピルを飲んでも妊娠する可能性があります。

 

ですので子供の欲しくない方は万が一失敗してしまった時のためにあらかじめアイピルを用意しておくといいでしょう。

 

アイピル,即日

 

事前に用意しなくても必要になってから買えばいいのではと思う方も多いかと思いますが、72時間以内でも早ければ早いほど避妊の効果が高いため最初から保有していた方が避妊の安全性が高くなるのです。

 

後で買うとなると通販の場合ですと大体は海外から輸入することになりますので三日以内に避妊する事はかなり難しくなります。

 

産婦人科で処方してもらうことも可能ですが外せない仕事をしている方などは休んで病院に行くことが困難ですのでやはり自分であらかじめ用意しておいたほうがいいでしょう。

 

大体通販ですと2000円程度で販売されています。

 

購入したものの必要なければ使用期限来るためいずれは捨てなければいけなくなりますが、そもそも避妊することが目的のため、使用する必要が無ければそれはそれでいいのです。

 

お金がもったいないですがアイピルを保有している間は「万が一妊娠してもこれがあるので大丈夫」という安心感を得られます。

 

自動車事故にあったときのリスクを回避するために自動車保険に入るのと同じように万が一の時のお守りとしてアイピルを普段から購入しておきましょう。

 

どうせあるなら使ったほうがいいと、わざとコンドームなどで避妊せず事後避妊薬を使って後で避妊するのはやめてください。

 

基本の避妊は低用量ピルかコンドームで行い、あくまでも事後避妊薬は緊急対策として使うべきです。

 

アイピルTOPへ