通常ピルと緊急避妊薬アイピルの違い

性行為を行うにあたって、最も安全に避妊率を下げる方法として挙げられるのがピル(経口避妊薬)の服用です。

 

通常のピルを服用することにより、排卵を抑制しほぼ100パーセントに近い避妊率で妊娠をコントロールできるということで、避妊薬としては最も優れた効果がある薬とされています。

 

アイピル,即日

 

通常のピルとアイピルの2種類があり、目的によってどちらを使うのが最適であるかを分けることができます。

 

通常のピルの場合、排卵を抑制し妊娠をコントロールする目的の他に、生理周期を安定させ月経不順を改善する目的、生理痛の緩和や肌荒れ、貧血の改善などの目的で使われます。

 

これに対し、アイピルは「緊急避妊薬」とも呼ばれるように、避妊に失敗してしまった場合に使われます。

 

性行為時に何らかの理由でコンドームが外れていたり破れていた場合、膣内に残った精液によって女性には妊娠する可能性が出てしまいます。

 

性行為時の避妊の失敗により、望まない妊娠を避ける目的で使用されるのです。

 

アイピルの効果は服用が早ければ早いほど効果は高くなり、72時間以内に服用することで約80パーセント以上の確率で妊娠を回避することができるようになります。

 

どちらも女性の身体を守り、望まない妊娠を防ぐために効果的な薬ですが、これら2つには多少の違いがあります。

 

主な違いとしては、服用するのが性行為の後か前かということと、避妊率の高さの違いです。

 

通常のピルは毎日服用しすることから、性行為の前に服用することになります。

 

性行為の前に服用することにより、妊娠のリスクを確実に減らしながら安心して性行為に臨むことができます。一方、アイピルは性行為後に服用するものであり、避妊に失敗したときに緊急で服用するものです。

 

そのため、毎日服用する通常のピルよりも避妊率は下がってしまうこと、あくまで緊急用なので日常的な服用には適していないことなどの特徴があり、これらの違いが両者の違いとなっています。

 

アイピルTOPへ