アイピルはamazonや楽天など大手通販サイトで購入できるのか?

何故アイピルはamazonや楽天など大手通販サイトで購入できるのか?

 

アイピル,即日,通販,楽天,amazon

 

日本で有名な通販サイトと言えば、『amazon』と『楽天』が思い浮かぶと思います。amazonや楽天は、さまざまな商品が安く売っているイメージがあると思います。

 

それでは、アイピルなどの処方薬も購入することができるのか?

 

結果からいうと・・・amazonと楽天ではアイピルを購入することはできません。

 

アイピル,即日,通販,楽天,amazon

 

もしamazonや楽天のサイトでアイピルが売っていたらそれは詐欺サイトが販売している偽物になります。

 

それがもし本物のアイピルなら薬事法に違反しているサイトということになります。そのようなサイトでは絶対に購入してはいけません。

 

では、なぜ大手通販サイトでも購入することができないのか?それは「薬事法」が関係しています。

 

薬事法では、日本国内から処方薬を発送することは禁じられています。そもそも、アイピルなど処方薬は処方せんがないと購入することはできないのです。

 

アイピルを病院以外で購入するには、「個人輸入代行」を利用します。

 

個人輸入代行を利用して海外から処方薬を購入することは薬事法でも認められています。

 

しかし、個人輸入で処方薬を購入するにはルールがあります。

 

まず、自分で使用すること、家族や友人、パートナーなどのために購入することは禁止されています。転売や他人に譲ることも禁止です。

 

個人で使用するため、量も決められています。最大で2ヶ月分と制限があります。もちろん、禁止薬物なども輸入することはできません。

 

日本は世界と比べても医薬品の承認に厳しい国として有名です。

 

海外でアイピルは、普通に市販されている薬です。アメリカでは、処方せん不要で購入できます。

 

アイピルが市販で購入できるので、海外では中絶率が低いのです。

 

日本では、病院以外では購入することができないので、世界一中絶の多い国と言われています。

 

原因の一つに性教育が世界と比べると遅れているからと言われています。他にもピルがあまり浸透していないからです。

 

フランスでは約43%の女性がピルを使用しています。ピルを正しく服用していれば、99.9%で避妊ができます。

 

アイピルは24時間以内に服用することで95%以上で避妊ができます。72時間以内に服用すれば効果のある薬です。

 

避妊はいつ失敗するかわかりません。ピルの服用をしていなければ、アイピルを常備しておく必要があります。

 

amazonや楽天ではアイピルは購入できませんので、常備用に購入を考えられている方は信用のできる個人輸入代行で購入してください。

 

アイピルTOPへ