アイピルは海外の薬局では当たり前のように市販されている

アイピルは海外の薬局では当たり前のように市販されている

 

アイピル,即日,通販,市販

 

アイピルは、避妊の為に予め服用する避妊ピルとは違い、避妊に失敗した際に使用する避妊薬で、「アフターピル」「モーニングアフターピル」「緊急避妊薬」分類されるお薬です。

 

日本の産婦人科で処方されるアフターピルは、2011年2月23日に承認された、新薬にあたるノルレボ錠が主流です。

 

病院で処方されている「ノルレボ錠」と比較しても、安い価格で購入できるアイピルは、アフターピルの中でも一番人気のある避妊薬です。

 

ノルレボ錠と全く同じ成分が配合されているアイピルは、効果や副作用、安全度などもノルレボ錠と同等以上のジェネリック医薬品です。

 

病院で緊急避妊時に処方されるノルレボ錠は、健康保険が適応されません。

 

アイピル,即日,通販,市販

 

全て自己負担となる為、1万円~2万円程度の病院代が必要となります。

 

それと、同等以上のアイピルは、通販サイトを利用して購入すれば810円~1350円で購入する事が出来る為、アイピルが人気な理由の1つでしょう。

 

そんな、人気のあるアイピルですが、海外の薬局では普通に市販されていますが、残念な事に日本の薬局では市販はされていません。

 

治安の悪い海外などでは、日本と違いレイプが横行しているのが現状です。そんな中で、女性が自分の体を守る為に使用されているのが、アイピルです。

 

アイピルの効果を最大限引き出す為には、避妊に失敗した性行為の後に、素早く服用する必要があります。

 

海外では近くの薬局で市販されている国が多い為、いざという時にはすぐに購入する事が出来ますが、日本では薬局では市販されていない為、すぐに購入出来ません。

 

アイピル,即日,通販,市販

 

そこで、予め通販サイトを利用する事で、アイピルを常備薬として購入する事をオススメ致します。

 

いざ、妊娠した時に体へ影響を及ぼすのは女性です。その為、自分の体は自分で守らなくてはいけないのです。

 

望まない妊娠をしてしまった時に、中絶を行うことは、肉体的にも精神的にも大きな負担を与えてしまいます。

 

場合によっては、二度と妊娠出来ない体になってしまう場合も有りえます。

 

そういった事態を防ぐためにも、いざという時に一番避妊効果が高く使用できるように、アイピルは手元へ置いておく必要があります。

 

病院では使用する分しか処方されず価格も高い為、通販サイトでアイピルを購入する方が多いのです。

 

海外の薬局で市販されているのに、なぜ日本の薬局では市販されていないのでしょうか。

 

それは、簡単に薬局で避妊薬を購入できるようになると、日本人の性が乱れると考えられているからとも言われています。

 

アイピルTOPへ