アイピルは保険適用外でとても高いんです

避妊を目的としたアイピル(アフターピル)は、性行為後でも避妊効果がある薬で、性行為後72時間以内に服用すれば、妊娠を防ぐことができ、できるだけ早く飲むことで避妊の効果が期待できます。

 

アイピル,値段,相場,保険適用

 

現在主流となっているピルは、低用量ピルですが、これは、性行為前に服用することで避妊効果が得られるため、アイピル(アフターピル)とは性質が異なります。

 

アイピル,値段,相場,保険適用

 

アフタープルは、さまざまな場所で購入することができますが、購入する場所によって値段に差があります。もっとも安心して購入できるのが、婦人科で処方してもらう方法ですが、この場合相場として5000~15000円となります。

 

値段に差があるのは、アイピル(アフターピル)は保険適用外となるため、大きな差がでてしまいます。病院での処方以外には通販での購入方法があります。

 

アイピル(アフターピル)は、薬局へ行っても販売されていませんから、緊急時に備えて通販で購入しておくと安心です。通販で購入する場合、相場は2000円前後とかなり安いので、購入しやすいポイントといえます。

 

ウレタン製のコンドームなどの場合、製品自体には問題はありませんが、根本まで下げずに使う人が多いため、コンドームが途中ではずれてしまうなどのトラブルが起こったり、不意な事故で緊急的に避妊を要する事態が生じる場合もあります。

 

ただアイピル(アフターピル)は、100パーセント妊娠を防ぐものではないので、最後の手段として考えることが必要です。

 

低用量ピルを正しく服用することでほぼ100パーセント避妊効果を得ることができますから、日頃から妊娠を望まないのであれば、低用量ピルをおすすめします。

 

アイピルTOPへ