アイピルの副作用について調べてみた

アイピル,副作用

 

アイピル(アフターピル)は事件に巻き込まれた場合や避妊に失敗した時に、妊娠しないよう緊急用として使用されるピルの事を指します。

 

望まない妊娠をするのを防ぐために使用されており、性行為後72時間以内に飲むと、受精卵が子宮内膜に着床するのを防いだり、排卵を遅らせたりすることができます。

 

ですが成功率は80%のため、アイピル(アフターピル)を飲んだからと言って、100%成功するわけではありません。安易な行為は避けることが一番大切になります。

 

アイピル(アフターピル)は低用量ピルでないため、副作用を感じることがあります。主な副作用としては吐き気や頭痛、嘔吐、少量の不正出血、乳房が張る、めまい、疲労感があります。

 

特に感じやすいのが吐き気で、アイピル(アフターピル)の処方と共に吐き気止めを処方されることがあります。

 

なお、アイピル(アフターピル)を服用した後2時間以内に嘔吐した場合は、薬の成分がまだ体に浸透していないため、同じ量のピルをもう一度飲む必要があります。

 

飲むと再び吐き気が襲いますが、できるだけ吐かないように気を付けましょう。吐いた場合の対処の仕方を医師と相談しておくと安心です。

 

アイピル(アフターピル)には女性ホルモンが含まれており、副作用の症状は低用量のピルとほぼ同じです。ですが、低用量ピルは穏やかにホルモンに影響していくのに対し、アイピル(アフターピル)は急激に女性ホルモンに作用します。

 

そのため、副作用の出方も強く感じることがありますが、血栓症などの重篤な副作用を引き起こすことはまれです。

 

アイピルTOPへ