アイピルを飲んだ後の生理の状況はどうなるのでしょうか?

アイピル,生理,こない

 

アイピル(アフターピル)は性交から24時間以内に飲むようにすると、ほぼ確実に否認することができます。行為中にパートナーが装着していたコンドームが破れてしまった場合に飲んでおくと安心ですね。

 

アイピル(アフターピル)は女性ホルモンの一種のプロゲステロンを調整することで、受精や着床が起こりにくくするお薬ですが、副作用で生理周期に変化が出ることでも知られていますよね。それではアイピル(アフターピル)を飲んだ後の生理はどうなっているんでしょうか。

 

まず妊娠していない限り、生理は来ますよね。これはアイピル(アフターピル)を飲んでいても同じことです。通常の生理周期より早めに整理が始まる場合は、薬を飲んでから一週間後くらいに来るというパターンが多いようですね。

 

ただ、個人差があるので数日で出血が始まる場合もありますし、通常の予定日とそう変わらなかったというパターンもかなり多いんです。

 

予定日近くに生理が始まる人は、アイピル(アフターピル)を飲む前に排卵があった場合となります。これは薬の力とは関係ないタイプのものですね。

 

排卵前にアイピル(アフターピル)を飲んでいた場合に本来の周期よりも早く始まってしまう生理は、いわば人工的に作られたようなものですから、自然な生理周期に合わせた出血はその後であります。

 

ですから、一か月に二回も生理があっても、病気ではありませんから、ショックを受けないようにしましょう。予定日になっても出血がない場合は、婦人科に行って相談して尿検査を受けておきましょう。

 

アイピルTOPへ