アフターピルでどのような効果が得られるの?

アイピル,効果

 

アフターピルは緊急避妊薬のことです。性交渉の際に避妊を行わなかったり、失敗してしまった場合、凶悪な事件に巻き込まれた場合などの緊急時にアフターピルが使用されます。

 

アフターピルは性交渉のあと72時間以内に服用をしないと十分に効果が現れません。アフターピルには女性ホルモンが含まれており、着床を防いだり、排卵を遅らせたりすることができます。

 

着床を防ぐため、妊娠をする可能性が低くなるのです。ですが、100%避妊に成功するわけではありません。

 

子宮内膜症などの治療に使われる低用量ピルは徐々に排卵を抑制していきますが、アフターピルは急激にホルモンに影響するため効果も高いですが、副作用もあります。

 

多い副作用としては頭痛や吐き気、生理痛のようなお腹の痛み、眠気やめまい、不正出血があります。まれに血管が詰まってしまう血栓症になることもあります。

 

重篤でない限り、1日程度で副作用は治まっていきますが、あまりに長く続いたりひどい場合はもう一度医師に相談するようにしましょう。

 

なお、薬を服用し2時間以内に吐いてしまった場合はもう一度薬を飲む必要があります。飲む量なども違ってくることがあるので、事前に医師に確認をしておくと安心です。

 

アフターピルの効果を確実にするには時間が大切になります。必ず72時間以内に服用し、2時間以内は吐かないように気を付けましょう。また、服用してすぐに性交渉を行わないことも大切になってきます。

 

アイピルTOPへ