アイピルは薬局などで市販されている?

アフターピルは緊急避妊薬やモーニングアフターピルなどとも呼ばれており、望まない妊娠を避けるために使われる薬のことです。

 

アイピル,薬局,市販

 

性行為の途中でコンドームが外れてしまった、破れてしまったなどの予期せぬ事態によって、行為の後で避妊をしたい時にはアフターピルを使う方法が考えられますが、この薬は薬局では市販されていないので注意が必要です。

 

この薬はどうやって入手するのかと言うと、普通は婦人科や産婦人科へ行って医師に緊急避妊をしたいことを告げ、処方してもらう方法を取ります。

 

この薬は自費診療扱いになるので保険証は要りませんが、病院で買うと正規の薬なので安心ですし、使い方も教えてもらえるのがメリットとなります。

 

アフターピルは性行為後、一定の時間内に飲まなければ避妊効果が出ないという薬で、従来のものだと行為後の72時間以内に飲むことが求められていました。

 

しかし、近年、新しいタイプのアフターピルが登場しており、120時間以内(5日以内)に1錠を飲めば良いため、従来のタイプより使いやすいと人気になっています。

 

さて、アフターピルは婦人科で処方してもらうのが確実ですが、インターネットで海外医薬品を輸入代行してもらえるサイトを使えば、通販のような感覚で手に入れられることもあります。

 

そのため、緊急避妊薬が必要になった時にすぐに婦人科に行けないかもしれない女性は、そういった輸入代行を利用してアフターピルを買い置きしていることもあるようです。

 

海外医薬品の輸入代行サイトは上手に使えば便利ですが、薬は身体に影響を及ぼすものですから、必ず信頼出来るサイトかどうかを確かめてから利用するようにしてください。

 

アイピルTOPへ