アフターピルの服用の仕方と飲む時間は?しっかり効果を出す方法

アイピル,飲み方

 

アフターピルは避妊を緊急に行う場合に使用される薬です。低用量ピルよりも急激に女性ホルモンに影響するため、吐き気や頭痛、下腹部痛、めまい、嘔吐、不正出血、眠気などが起こることがあります。

 

アフターピルにはプラノバール錠とレボノルゲストレル錠の2種類があります。近年ではレボノルゲストレル錠を使用することが多く、レボノルゲストレル錠の場合は吐き気を感じることが少なくなっています。アフターピルは排卵そのものを遅らせたり、受精しても着床しないように子宮内膜に作用したりします。

 

アフターピルの服用の仕方として大切なのは時間です。どの錠剤も性行為後72時間以内に飲まないと効果が現れません。レボノルゲストレル錠の場合は120時間以内であれば効果が期待できますが、より確実にするには72時間を超えないことです。受精卵が着床する前に飲まないと効果がありません。

 

また、服用すると多くの方が感じる吐き気に関しても注意が必要です。薬を服用した後2時間たたないうちに嘔吐してしまうと、薬の成分が体の外へ排出してしまいます。2時間以内に嘔吐してしまった場合、同じ量のアフターピルを服用する必要があるので注意するようにしましょう。

 

アフターピルは完全に避妊が行えるわけではありません。服用したからと言って妊娠しないとは限りません。効果が現れたかどうかはすぐにわからないので、アフターピルを服用しても次の生理までは避妊を行うようにしましょう。

 

アイピルTOPへ